イメージ1

ムダ毛を自己処理すれば

ムダ毛を自己処理すれば、医療脱毛と比較すると気軽でリーズナブルなのは確かですが、我流の間違った方法で行ってしまうと、満足のいく脱毛の効果が得られないばかりでなく、肌の炎症を引き起こしてしまうなどのデメリットもあるので注意が必要です。
家庭で使える脱毛器具も多種多様に販売されていますが、使い方を誤れば、ケアに激しい痛みを伴ったり、皮膚を傷つけてしまうことも。

特に、デリケートなVIOゾーンや顔などは、あらかじめテストを行うなどして、慎重に脱毛を行う必要があります。
また、脱毛のお手入れは、毛の生え換わる毛周期に合わせて行うことで、効果を高めることができるのですが、そのサイクルを把握しないまま、闇雲に処理をしてしまうと、むしろ毛穴を広げてしまう危険性もあります。
クリニックでの医療脱毛の場合、いかなる脱毛方法であっても、施術前には必ずカウンセリングを行い、毛の質、肌の状態をチェック。

脱毛のスキルを身につけたプロのスタッフが、それぞれに適したお手入れをしてくれ、もしトラブルがあった場合はドクターの診断を受けられるので安心です。
メリットとデメリットを考慮して天秤にかけたうえで、医療脱毛にするか、自己処理にするのかを、決定するといいでしょう。
例えば、比較的自分で処理しやすい脚や腕は自分で、そして、デリケートゾーンや手の届きにくい背中などは医療脱毛でといった具合に、パーツによって脱毛の方法を使い分けるのものもいいでしょう。

ミュゼ予約ゼミで脱毛の予約はばっちり!